サンヨーフーズは新鮮な天然果汁、蔬菜汁や果実、野菜加工品などを創業以来一貫してお届けいたします。

サンヨーフーズ
TOP PAGE 会社情報 営業品目 工場・事業所 お問合せ

旬の野菜コラム SeasonS

「年始はいつからですか?」

そんな問い合わせが始まった12月。もう今年も終わりですね。

いろいろなニュースが飛び交った2010年でしたが皆さんはどんな1年だったでしょうか。

充実した1年でしたか?

年末に向け忙しくなる12月。1年の終わりを感じる余裕がない方もいらっしゃると思いますが体調には気をつけて乗り切ってくださいね!

そんな今月のお野菜は!

「ほうれん草」!


野菜の高値沸騰で冷凍食品の野菜も量が少なくなったりと野菜好きの我が家は大打撃を受けていますが、
ほうれん草も毎日食べている野菜の1つです。

以前、にんじんを取り上げた際にもレシピに登場したほうれん草ですが、今回はメインで登場です。


それでは豆知識から(´∀`):*:

★ほうれん草について★

年間を通して手に入りますが、霜に当たって甘みの増す冬が旬の野菜です。
ほうれん草はとても栄養価が高い緑黄色野菜の代表でありカロチン、ビタミンC、鉄分を多く含んでいます。

カロチンには抗酸化作用があると言われていて、発ガン性物質の毒性を軽減してガン予防を期待できるほか、
動脈硬化を防ぐ作用もあります。

またカロチンとビタミンCの相乗効果で肌荒れや風邪の予防にも有効的です。

万能ビタミンと呼ばれているビタミンCが、ほうれん草には100gあたりに65mg含まれます。
ビタミンCはそのものに美肌効果や生活習慣病の予防効果があり、鉄分と一緒に摂ると吸収率がアップし、
ビタミンAやビタミンEと摂ると抗酸化作用が高まります。

ほうれん草にはこれらの栄養素を全て含んでいますので健康を維持していくのにとても効率の良い野菜なのです。

そして、万能ビタミンであるビタミンCは夏よりも冬に収穫したほうれん草の方がなんと3倍も豊富に含まれています。

ほうれん草はアクが強い野菜としても知られていますがそのアクの成分はシュウ酸と呼ばれるもので唾液中のカルシウムと結合すると、
シュウ酸カルシウムという物質になり尿路結石になりやすくなると言われているのですが、
逆にカルシウムが豊富な食材と一緒に食べると、唾液中のカルシウムではなく食べ物のカルシウムと結合するので
尿路結石を予防する効果があります。

乳製品などと一緒に調理すると効果的です。

ほうれん草の根の部分は赤く色付いていますが、あの赤い部分には骨をい丈夫にするマンガンという物質がたくさん含まれています。


ほうれん草を選ぶときの3ポイントです。

① 葉が濃い緑色で肉厚で張りのあるもの。

② 株は小さめで茎は短めのもの。

③ 根の赤色が鮮やかで濃いもの。

上記のポイントを抑えて選ぶとおいしく栄養価の高いほうれん草を食べることが出来ます。


では今月もとっても簡単なお料理を1品。

★ ほうれん草と鮭のバター蒸し★

材料

・ほうれん草               1把

・生鮭                  2きれ

・有塩バター               2かけ分ほど

・とろけるチーズ             好みの量

・もやしやきのこなどお好きな野菜   好きな分だけ

・酒                   大さじ2

・醤油                  大さじ2



作り方

① 耐熱皿にもやしなどの野菜とほうれん草を乗せ、その上に食べやすい大きさに切った鮭をのせ、さらにバターとチーズをのせ、酒、醤油を回しかけます。




② ふんわりとラップをし、600ワットで2~3分加熱し、火の通り具合を見てさらに1分ずつ加熱していきます。

③ 全体に火が通ったら完成です。




醤油と酒はあくまでも下味ですので、食べるときに醤油などで味を調節してください。

(我が家では刺身用の鮭を使用します。骨もないので切り分けやすく食べやすいです。)



今年もあとわずか、体調管理には気をつけ素敵なクリスマスと年越しをお過ごしください。

Copyright(C) 2010 サンヨーフーズ All Rights Reserved.