サンヨーフーズは新鮮な天然果汁、蔬菜汁や果実、野菜加工品などを創業以来一貫してお届けいたします。

サンヨーフーズ
TOP PAGE 会社情報 営業品目 工場・事業所 お問合せ

旬の野菜コラム SeasonS

こんにちは!


もう9月ですがまだまだ暑さが残っていますね。


でも、夕方から夜にかけては秋風が気持ちよくなってきています。あともう少しの辛抱といったところでしょうか。

秋といえば読書の秋。そして、食欲の秋ですね!

ということで、今月は巨峰と秋茄子です!




巨峰は1942年、大井上理農学研究所の大井上康(おおいのうえやすし)という研究家により、静岡県において作り出されたものです。

豪州品種「センテニアル」日本品種「石原早生」との交配によって作り出されました。

ご存じのない方が多いのですが、この「巨峰」はブドウの品種名ではなく、「石原センテ」というブドウ品種の商品名であり、
1955年(昭和30年)に商標登録された商標のことなのです。

巨峰を親としてオリンピア、ピオーネ、伊豆錦などが作り出されています。

また、巨峰の栄養成分としてはポリフェノールが有名です。

このポリフェノールは白系よりも赤系のブドウの皮や種に多く含まれており、活性酵素を消化する働きがあります。

白内障や生活習慣病の予防、肌の老化防止にも役立つと言われていますので、皮ごと食べるのもいいかもしれません。


皮の部分にはポリフェノールだけでなく、レスベラロールという成分が含まれておりがん予防に効くと言われています。

また、巨峰の果実にも栄養が多く、ブドウ糖やビタミンB1が含まれており疲労回復などに効果があります。

最近では、ペンタペプチドという物質の脳の機能を改善することのできる働きに注目が集まっているそうです。




巨峰を使ったレシピですが、いたって普通のゼリーの紹介です。


★グレープゼリー

★材料
水               50cc
粉末寒天           小さじ1/2
ぶどうジュース         300cc
水               30cc
てんさい糖           小さじ2
レモン汁            少々
巨峰               8粒くらい


作り方

【下準備】
巨峰は皮を剥き、種を取り除いておきます。






1.小さめの鍋に水と粉末寒天を入れ火にかけます。

2.沸騰してから2分くらい煮つめ、ぶどうジュース(今回はマスカットジュースを使用しました)を加えよく混ぜます。

3.ぶどうジュースが温かくなったら(60度くらい)、火からおろし少し冷ましてから器に注ぎ冷蔵庫で冷やします。

4.小さめの鍋に水とてんさい糖を入れ火にかけ20ccくらいまで煮つめます。

5.4のシロップにレモン汁を数滴たらし、小さな器に入れこれも冷やしておきます。

6.3のゼリーが固まったら、まな板の上にあけ、包丁で粗くみじん切りにします。

7.6のゼリーを器に盛り、食べるときに5のシロップと剥いた際に出た果汁を好みでかけて完成です。







季節の料理にナスも作りましたのでそちらも!

★米ナスの味噌クリームグラタン

★材料
米ナス      1本
ツナ缶      1缶
バター      10グラム
小麦粉      大さじ1
牛乳       200cc
味噌       大さじ1
塩コショウ    少々
砂糖       ひとつまみ
刻みねぎ     適量
ピザチーズ    適量

作り方

1.米ナスはヘタを取り、縦半分に切る、底になる方の皮を座りがよくなるように少し切っておく。



2.米ナスの中身をスプーンなどで取り出し、水にさらした後耐熱皿に移してラップをして2分ほど加熱する。



3.器になる方のナスは水にさらした後軽く水気をふき、塩コショウして5分ほどトースターで加熱しておく。

4.フライパンにバターを熱し、②の米ナスを炒めたら小麦粉を振り入れ、炒め合わせる。
  粉っぽさがなくなったら牛乳を加える。(ココでじっくり炒めてください!粉っぽいとマズイソースになってしまいます!)



5.4にとろみがついたらツナ缶、味噌を加えて混ぜ合わせ塩コショウ、砂糖で味を調える。



6.3に5を詰め、刻みねぎ、ピザチーズを乗せトースターでチーズに軽く焼き目が付くまで焼きます。



7.完成です♪



今月はここまで!
次回は涼しくなっていることを願います。

ではまた来月。

Copyright(C) 2010 サンヨーフーズ All Rights Reserved.