サンヨーフーズは新鮮な天然果汁、蔬菜汁や果実、野菜加工品などを創業以来一貫してお届けいたします。

サンヨーフーズ
TOP PAGE 会社情報 営業品目 工場・事業所 お問合せ

旬の野菜コラム SeasonS

こんにちは!

HPのリニューアルに伴い、これからはその月の旬物をSeasonSというコーナーで紹介して行こうと思っています
簡単なレシピなども載せていく予定ですので、よろしくお願いいたします!

さて、春の芽が覗きだした今日この頃!

そんな中、立派に旬の季節を迎えた今月の主役は

「アスパラガス」

 旬の時期は3~5月です。

みなさん、アスパラガスについて詳しく調べる機会はそんなにないと思いますので、少しウンチクを!

「ユリ科の雌雄異株の多年草で、栽培の歴史は古く、原産は南ヨーロッパといわれています。日本には江戸時代に伝わりましたが、当時は観賞用で、広く一般家庭に普及したのは洋食が定着した1960年代。若茎が伸長するときに土をかけて軟白したホワイトアスパラガスと、日光に当てて成長させたグリーンアスパラガスがあり、栄養価は異なります。」引用

日本に伝わったときは観賞用だったということに驚きです!食べてみようと思ったきっかけが何だったのかも気になるところですが。。w

では成分です(´∀`):*:

●成分
たんぱく質や脂質を含み、カロテン、ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEなどのビタミン類、亜鉛や鉄分などのミネラル類を含有している。穂先にはルチンが含まれ、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸が含まれている。

●効能
カロテンが粘膜を強化して免疫力を高め、血管や皮膚を丈夫にするビタミンCと一緒に、風邪を予防し美肌を作る。ビタミンEが体内の過酸化脂質を予防するので老化防止の効果も高い。鉄分はビタミンCの働きで吸収率が高まり貧血予防に有効。ルチンは毛細血管を強化し、高血圧や動脈硬化の予防に働き利尿効果も期待できる。アスパラギン酸はたんぱく質代謝に働き体力を強化し、たんぱく質やビタミンB群と一緒に、滋養強壮や疲労回復に効果がある。 」引用

効能を読むと、アスパラガスは女性にとって強い味方となる成分が豊富なようですね!
利尿作用もあるようなので、むくみにも効きそうです!
効率よく日々の食事に取り入れて、女性は美しく、男性は健康を維持していきたいですね!

ということで、そのままでもおいしいアスパラガスですが、もっとおいしく食べられるレシピを紹介しますので、よかったら参考にしてみてください\^о^/

☆アスパラポテトのチーズ焼き☆

材料(2人分)
■ ピザ用チーズ 20g
■ グリーンアスパラガス 2本
■ じゃがいも 1個
■醤油 少々

作り方

1.アスパラガスは、はかまを取り、皮の堅い部分をむき、3cm長さに切る。

2. じゃがいもは皮をむいて8等分し、さっと水にさらす。

3. (1)、しょうゆをまぶした(2)を別々の耐熱容器に入れてラップをし、レンジ(500W)に1分かける。

4. アスパラガスを取り出し、じゃがいもはさらに2分加熱し、ラップをかけたまま容器を振って粉拭きいも状態にする。

5. 耐熱容器に(4)のアスパラガスとじゃがいもをのせ、チーズをかけてトースターで3分~4分焼く。

 

お弁当のおかずとしても使えますし、あと1品何か欲しいなというとき材料さえあればすぐに出来ます!
ケチャップやマヨネーズをチーズの下にかけて焼いてもおいしいと思います!
是非参考にしてみてください!(写真にアスパラガスが写ってないのが残念ですが。。)

その他にも、定番の豚肉巻きやパスタ、茹でてそのままや、今流行のバーニャカウダにして食べてもおいしいですよね!
茹で方のポイントも下記に載せますねっ★

おいしく、栄養成分を逃さない茹で方!

★ゆでる時は茎の方から先に入れ、1分くらいゆでてから穂の部分を入れ、ゆで上がりの状態を均一にする。ゆで上がったらザルに広げて冷ます。

☆根元部分はかたいので、少し切り落とし、皮をむくとやわらかくなる。はかま(爪)は新鮮なら取り除く必要はない。

★時間が経つほどかたくなるので、購入したらまずかためにゆでること。冷凍保存にしたときは冷凍したまま調理する。

上記3つがポイントです!

4月は旬のアスパラをたくさん食べましょうっ!

では、また来月(´∀`):*:

Copyright(C) 2010 サンヨーフーズ All Rights Reserved.