Seasons6

例年より少し早い梅雨入りをしましたね。

朝起きてカーテンを開けたときに雨が降っていると気分も下がってしまいますが

太陽の力ってすごいなぁとつくづく感じる季節でもあります。

 

雨かぁぁぁ、嫌だなぁぁぁ。。。と思いながら歩いていると何だか街全体が甘い香りに包まれていることに気が付きました。

 

なんだろう?とふと傘から視線を覗かせると、そこにはたくさんのバラの花。

 

          

 

そういえばバラは雨に濡れると香りが増すんだった!ということを思い出し

 

どんよりしていた気持ちがリフレッシュされました。

 

他にも目を向けるとたくさんのアジサイの蕾が開花の準備を始めています。

 

 

花を開こうとしているアジサイの蕾と、雨のシャワーをたくさん浴びていい香りを

放っているバラを背に、心なしかウキウキした梅雨入り。

 

気持ちの持ちようで見え方も感じ方も変わるんだなぁと実感しました。

では今月のお野菜は「とうもろこし」です。

         

 

とうもろこし

学名:Zea mays

分類:イネ科トウモロコシ属

原産地:メキシコから南アメリカ北部といわれている

 

とうもろこしは、米、小麦と並ぶ世界三大穀物のひとつです。

野菜の中では高カロリーで、

糖質、たんぱく質が主成分。

胚芽の部分にビタミンE、B1、B2、カリウム、亜鉛、鉄などの

栄養素が詰まっています。

ナイフで実をこそぎ落とすのではなく

芯の部分から丁寧に外すと栄養素をたくさん摂取できます。

 

またセルロースが多く

食物繊維が豊富なので腸を綺麗にする効果があります

収穫後、24時間が経つと栄養が半減し、味も落ちてしまいますので

新鮮なうちにシンプルにがぶりと食べましょう!

 

あまり脚光を浴びないひげの部分ですが、

めしべの花柱で、本数と実の数は一致しています。

漢方では「南蛮毛」(なんばんもう、若しくはなんばんげ)と呼ばれ

利尿効果や血圧降下作用があるとされています。

 

食べる部分も無駄がほとんどないとうもろこしは

油や燃料、建材などにもなり地球環境保護にも大変重要な役割をしています。

 

おいしいとうもろこしの見分け方

    実が先まで詰まっていて、ふっくらツヤツヤしているもの

 

    皮の色が濃い緑のもの。ひげが褐色ならよく熟している。

 

とうもろこしの品種群

    ハニーバンタム・・・甘み種スイートコーンの代表。主にスーパーなどで目にするのがこの品種です。ゴールドコーンとも呼ばれます。

 

    バイカラーコーン・・・実が黄色と白の2色のスイートコーン。

 

    ベビーコーン・・・生食用品種を若採りしたもの。ベビーコーンとも呼ばれる。

 

    味来・・・実にツヤがあり、まるでフルーツのように甘い品種。

 

    ポップコーン・・・加熱すると粒中の微量な水分が爆発しポップコーンになる。

 

    ウッディコーン・・・黄色、白、紫の3色のスイートコーン。もちもちした食感が特徴。

 

以上を踏まえた上でとうもろこしのレシピといきたいところですが

 

とうもろこしは茹でてそのままかぶりつくことが一番おいしく栄養も摂れるので

 

おいしい茹で方をご紹介します!

 

    おいしいコツ

 

水から茹で、沸騰したら3分で火を止めてざるに取り、余熱で仕上げます。

みずみずしいのに歯ごたえが残る。

ビタミン類は水溶性が多いため

電子レンジ(16/600w)で加熱しても大丈夫です。

プリプリの状態が保てるおいしい茹で方です。

みんなでがぶりとかぶりついて夏の始まりに備えましょう!

 

では、また来月(´∀`):*: