サンヨーフーズ
TOP PAGE 会社情報 営業品目 工場・事業所 お問合せ

旬の野菜コラム SeasonS







満開だったさくらも見事に散り、今ではもう細く枝分かれしたその先に青々とした葉を付けて風になびいています。

桜の木が緑に変わるとき、いつも見てしまうのが桜の木の下。

花弁が散り、それを支えていた数えきれないほどの花柄が桜の木の下に落ちています。

落ちたそれは一体どこにいくのかといつも疑問に思います。

風に舞いどこか遠くまで行くのか。掃除をされてしまうのか。

消えてなくなることは絶対にないのだと思うと、その行方をとても知りたくなります。

でも、目にしたその一時だけの思考であり、

知らぬ間にそれらは消え、消えたことにも気づけず過ぎ去っていきます。

今年度はそんな日常の些細なことも気にかけられるようなゆとりを持って生活していきたいものです。

では今月の旬もの

今月は山芋です。


ヤマノイモ科ヤマノイモ属

原産地 熱帯亜熱帯地方・中国・日本(青森県・北海道が主産地)

旬の時期は2度あり、ひとつは春に植え、植えた年の11月初旬から積雪前の12月にかけて収穫する「秋掘り」のものでこれは6割を占めています。

残りの4割は、雪解け後の3月から4月ごろ収穫する「春掘り」となります。

数の少ない春掘りの山芋はうま味成分も凝縮されたおいしさがあるそうです。

ムチン、ビタミンB群、ビタミンCなどのミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいるバランスに富んだ栄養成分がたっぷりの野菜で

特にぬめり成分のムチンは胃などの粘膜を保護し、タンパク質の消化吸収を助けてくれます。

たっぷりと含まれているジアスターゼと呼ばれる消化酵素は熱に弱いので

ジアスターゼの効果を期待するならば生食がおすすめです。

他にも消化促進と体力回復効果のある酵素アミラーゼとカタラーゼを含むので、肉体疲労や胃腸が弱ったときに食すと効果があります。

山芋にはいくつか種類があり、普段スーパーなどで見かける長芋や自然薯、つくね芋やいちょういもなどがあります。


長芋・・・長い棒状の芋。きめはやや粗く、水分も多い。もっとも多く栽培されている品種。



自然薯・・・長さが60センチから1メートルほどあり、粘りがとても強くうま味も濃い。



つくね芋・・・近畿中国地方に多く、げんこつのような形をしており、粘り気がとても強く貯蔵性も高い。和菓子の原材料にも使用される。



いちょういも・・・扁平な形はイチョウの葉の形に似ており粘りが強く、関東地方では大和芋とも呼ばれている。


保存方法は、湿気を保つために新聞紙で包んで冷暗所で保管。皮を剥き酢水につけたらすりおろして冷凍しておくと使いやすいです。

切り口の変色がなく、白くみずみずしいものが新鮮な証拠です。


いろいろな形で新生活がスタートしています。
食事をする時間が取れないよーなんていう忙しい方も是非、 うま味成分が凝縮された山芋をたっぷりとかけたご飯をズズズっとすすって 体力付けて頑張りましょう!

Copyright(C) 2012 サンヨーフーズ All Rights Reserved.