サンヨーフーズ
TOP PAGE 会社情報 営業品目 工場・事業所 お問合せ

旬の野菜コラム SeasonS






朝晩だけでなく昼間も寒くなり冬の足音がすぐそこまで聞こえてきましたね。

夏には近くにあったお月様もだいぶ遠くに感じます。

9月の終わりごろ、極度な寒がりの私は冬支度の手始めとしてあたたかい靴下などを買いに行きました。

そこで年配のご婦人に「この靴下あったかいの?」と尋ねられたので

「あったかいし滑らなくていいですよ」と言ったら

「これ滑り止めがついてるの?じゃあだめだわー。私滑り止めがついている靴下で滑らなくって前につんのめって転んじゃったことがあるのよー。」とのこと。

滑り止めイコール安全という概念があった私にとっては大変意外なことでした。

「安全と思っているものが安全ではない場合がある。」

その時に思った事が商品を開発するにあたって一番大事になるのが第三者の声なのだということ。

「健康にいいので入れています。」

とか、

「開けやすい形にしてあります。」

など、消費者にとって使いやすい!健康にいいですよ!と大きく表示されている商品で棚は溢れていますが、

すべての人にとってそうであるのか?といったらそうではない。

もちろん、万人に共通して使いやすいものを!なんていうことを求めていたら、

この世の中には何も使えるもの食べられるものはなくなってしまうと思いますが

一番に優先すべきところは第三者の声にあるんだろうなぁと改めて感じた瞬間でした。

当社も商品をお客様に提供する側であります。

世の中で流行っているものをいち早く商品化して売り出すことももちろん大切なことですが

消費者の皆様がその流行の商品にどんな期待を持っていて、使いやすさや安全性は確実なものであるのか、

という点に更に重きを置いて商品開発を進めていきたいと改めて思いました。

では今月の旬もの「春菊」です。



原産地:地中海沿岸

分類:キク科キク属

秋から冬にかけて食卓に出ることが多くなるお鍋。すき焼きなどには欠かせない野菜の春菊。

春に黄色の花を咲かせるので春菊という名前がついています。(キクナとよばれることもあります)

栄養価はものすごく高くカルシウムは牛乳以上、カロテンもほうれん草以上含まれます。

カロテンは抵抗力をつけてくれるので感染症や風邪の予防なります。

また、豊富なミネラル類は貧血や骨粗しょう症の予防にも効果があります。

春菊といったら好きな方も苦手な方も次いで出るのが「独特な香り」だと思いますが

、 あの香りのもとはα-ペネン・ペリルアルデヒドなどの成分で、自律神経に作用して食欲増進やせきを鎮めるだけでなく、

胃もたれの解消、消化促進などの働きもします。

ただ単に独特な香りを発しているのではないんですね。

春菊は葉と中心部と茎の3部構成になっています。

葉の下の中心部が一番香りも苦みもやさしく、色も葉に比べると若干柔らかい色味になっています。

茎の部分はもっともアクが強く出て、歯ごたえも筋っぽさが出てきます。

包丁で切ってしまうと金物に反応してアクが出てしまうので手でちぎった方が味は穏やかでまろやかになります。

また茎は火が通りにくいので、茎と葉は時間差で調理をするとおいしく食べられます。

生食する際は切る前に水でさらします。さらしすぎは香りも抜けてしまうので10分を目安にさらしましょう。

火入れする際も茎部分はアクが強いのでさっと水にさらすと苦みは取れます。

葉の色が濃い緑色で、香りが強いものが新鮮の証。

根本まで葉が密生していて茎が太く丸いもの。根本に空洞があるものには特に問題はありませんが、芯が白っぽくなっているものは避けましょう。

お鍋がとってもおいしい季節です。

温かいお鍋を家族みんなで囲んで、体も心も温めましょう!

ではまた来月に。

Copyright(C) 2012 サンヨーフーズ All Rights Reserved.